楊暁帆

ここ十数年間ずっと金融業に従事しています。テンセントの金融コンサルタントとヘッジファンドの戦略ディレクターを担当した経験もあり、2015年、私設ファンド会社、問道天下投資有限公司を創設し、代表取締役を務め、中国中央電視台証券チャンネルの特別ゲストを担当しています。



ブルーチップと優良株は売却し始めた


この前の急買急売りのテクニック的反発を仕上げた後、暁帆が3月の末頃に言った、中期相場はまた全体として悪化傾向に戻った。だから、暁帆から見ると、みなさんは売却したほうがいい。


昨日の株式市場で小型株の相場は比較的に良かったが、昨日大量のブルーチップ、優良株が売却された。ブルーチップと優良株は最近の株式市場のエンジンなので、これらの株が売却されることは無視してはいけない。


新興市場銘柄のバブルが


マザーズ株の一番重要な問題は値段の高さだ。だから、マザーズ銘柄のバブルが崩壊する前に投資機会がない。しかしこれからの2ヶ月で、ブルーチップの狂気破滅とマザーズ株のバブル崩壊につれて、マザーズ銘柄が今年A株の最大のチャンスになる可能性がある。特にマザーズ株の中の優良株が期待できる。


非鉄金属の先高


最近有非鉄金属の強気相場が続けるのは、メーデーの間でアメリカの商品先物市場では、インドネシア銅鉱ストによる銅の上昇の影響を受けたからだ。根本的な原因は供給端の変化だ。供給端が騒動した場合、海外株式市場は非鉄金属市場の強気相場を牽引するだろう。


でも、暁帆がこの前言ったとおり、商品先物相場を参考に非鉄株取引をして、ロングがショットよりいい。先物は夜間市場があるから、ショット株だと損しやすい。今の銅の値上げは事件の影響を受けているからだ。今、非鉄金属を持っていれば、それを高値のところで売却しよう。もし非鉄金属を持っていないとすると、それを購入する必要もない。


大手金融機関は投げ売りすることで意思表明する


昨日、持ち高を減らす大機関がある。機関の持ち高減に問題がないが、肝心な点は減少する時点だ。先日の習氏が金融特別円卓会議を開催した。会議が終わった後に、弱気と解釈する人もいれば、強気相場と解釈する人もいる。実は毎回会議が終わった後、大機関の態度が大体分かる。今の大手機関は後ろ向き姿勢を取っているから、小規模投資家として、投資方向が確になっている。


下落幅といえば、暁帆から見ると、反騰がなければ大したことが起こらない。この位置で反騰したら、その後の下落幅が比較的に大きくなる。また、暁帆が前に言っていたが、今回の下落は中期線レベルの下落で、時間が長く続くから、皆さんは事前に準備しよう。


你可能还想看:


4月26日|茅台は安全株か?妖怪株か?

最近私たちの現物投資額は50%を占め、株価指数先物も買いポジションを立てた。今の段階では、私たちから見ると、短期空買いのいいチャンスだと思っている……点击阅读>>


4月19日|リチウム電池業界株式市場の強気相場

最近公表したリチウム電池業界の業績は全体として、予想を超えるほどいいから、リチウム電池関連株は強気相場を続けた……点击阅读>>


(下载iPhone或Android应用“经理人分享”,一个只为职业精英人群提供优质知识服务的分享平台。不做单纯的资讯推送,致力于成为你的私人智库。)

作者:佚名
来源:晓帆私募俱乐部